英語は自分の言葉で話す

英語は自分の言葉で話す

* 以下の内容は実際のレッスン内での生徒さんとのやりとりです。生徒さんの声はプライバシーのため加工を施しています。

生徒さんのコメント

リスニング力はかなり上がったんですけど、まだ一回だけで全部聴きとるのは難しくって、聴けなかったところ・理解が難しかったところを何回か聴いたりして考えたりしているんですけど、一回で聴けるようになるにはどうすればいいのかな?って・・・。

♪ 回答

どうしてもペラペラ 完璧にしゃべれるようになりたいから逆に間違ってる時ってわかるじゃないですか。 

ここもできない。 あそこも間違っちゃった。ここもつっかえちゃった 

そうするといつの間にか「減点法」で、どんどん自信がなくなって

自分はできないんだ

ってなっちゃうんですね。 
いつも言うように日本は「勉強の英語」なので

「正しい英語」じゃなくてはならない

になってしまって、そうすると「ペラペラの英語」を目指すはずなのに、いつの間にか

ネイティブと違わないような完璧な 英語でなければならない

になってしまうんですね。 
もちろん、それはいいんですけれども、最終的にそこになればいいわけで 、実際はみんな

英語完璧主義

になっちゃっているんですね。

それ以外の英語はダメ・間違いの英語・恥ずかしい英語

みたいになってしまう。

だから、その一方で

間違ってもガンガン使ってる人たちの方がビジネスでどんどん使っていく

わけですね 。まあそれは置いといて「正しい英語」になると英語という言語のパーフェクトさばかりに意識がいってしまうわけです。

でも、

そもそも言葉って何ですか?

って考えると、やっぱり

伝わる・伝える

なんですよね。

「自分の話す言語の完璧さ」ばかりに目がいってしまって

相手の目の前の人の目を見てない・間が空きすぎる

そうすると、聴いてる人も理解しにくいじゃないですか。

そう、

「言語の完璧」を目指しているうちに
いつのまにか「言語で大切なもの」が抜けてしまっている

状態になっているんです。

もちろん、

間違えないで喋れれば嬉しい

それは誰しもがそうですよね。

でもまずは

● 相手が伝わるようにするには
● つっかえないようにする
● 相手の目を見て堂々としゃべる

文法が間違ったとしても、ちゃんとストーリーが成り立っている方がよっぽど通じるんです。 

だから今のプラクティスも最後のプレゼンが一番通じるんですね。

で、さっきも言ったように、

ここまでシステマチックに英語を勉強してる日本人はそんなに文法は崩れません

だからもっと

 今ある自分の英語を信じる

ということですよね。 

ですから、今のプラクティスは実は

我々がちょっと忘れかけている言葉の原点のようなところに立ち戻ってみた

というような感じですね。

生徒さん:
今日の一連のレッスンはすごく「目から鱗」でした。

正直、仕事中に文章で一言一句間違えないようにというようなつもりで頭の中に埋め込もうと思ってやってたんですけど、こっちの方が手間がかからないし、その時の感覚でパッと喋ることができるし。

頭の中でこれができればわざわざ書かなくても目の前にあるものを「これを言おう」と思った時に同じことができるわけですよね。

そう。だから一般的によくあるのが、スピーチ・プレゼンのスクリプトを一言一句めちゃめちゃ正確に作っちゃうんですよ。

で、結局それを必死に練習して

それ通りに完コピで言う

みたいな感じでトライして、当日できなくなると真っ白になって

どうしよう・・・???

となって、しょうがないから「本番でそのスクリプトを読む」というような現象になってくるんですね。

伝わらないですよね、それじゃあね・・・
やっぱり目を見て自分の言葉で言わないと。

だから、いくら完璧なスクリプトでも

自分が普段言わないような、でもキレイで正しい文章

を結局読むよりも、

文法を間違おうが簡単だろうが自分の言葉でちゃんと熱意を持って目を見て話す

その方がよっぽどビジネス英語なんですよ。

ということで、「完璧なスクリプト」ではなく、この「一言メモ」で十分です。 

で、スピーキングのもう一つのすごく大きな目的っていうのは、日本人の鉄の厚い殻に覆われた

間違ったらいけない・自分は英語できない

この鉄の殻をバーンと打ち破っていかないと!

だから、スピーキングは技術もそうなんですけども、 こういうマインドの殻を破ってパラダイムシフトをするということもすごく大きいですね。

ですからまずは

自分はできる!

ということを軸においてプレゼン・英文を作ってみるといいと思います。

生徒さん:
自己肯定感低めな人間なのでね・・・。

いや、もう本当に自己肯定感にはバラつきありますけど英語に関しては日本人はみんな自己肯定感低いです。 

もう完璧を目指したら、完璧になる前に定年を迎えちゃいますよね。
でも、できればもちろん正しい方が嬉しいわけですから「伝わる・伝わる英語」と「正しい英語」を同時に高めていくという感じですね。

まとめ

● 時間をかけて解析・理解するのと瞬時・無意識に内容が浮かぶようになるのはまったく別
● ただ、時間をかけて解析する方法により「基礎体力」がつけば瞬時に理解する力を上げることは可能
● ある程度の段階になったら瞬時対応の対策により「自然に内容が浮かぶ状態」にしていくことが大切

自分の言葉で話す女性社員

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次