「日本人用の英語」ではなく「実際の英語」を身につける

「日本人用の英語」ではなく
「現地で普通に使える英語」を身につけよう

目次

質問

実は以前、他の英会話スクールに何年か行っていたのですが、結構話せるようになったある時、海外旅行に行ったら現地の人が話す英語がまったく一つも聴き取れず、こちらが話す英語も全然通じなくて、かなりショックでその後、自分にはもう英会話は無理なんじゃないかって思ってしまい今も自信が持てないんですが・・・。

本当にそれはつらいですよねえ〜・・・。でも、残念ながらそれは実際にはかなり「あるある」なことなんです。
今のお話と同じですが、例えば

英会話スクールとかに5年とか10年とか通う。
で、スクールではもうかなり会話ができるようになる。

「じゃあ、そろそろ海外旅行に行ったら結構英語が話せて楽しいかな?」

と意気揚々と海外に行くと

本土の人が話す英語のスピードが驚くほど速く、
しかもモゴモゴと話しているような英語で全然聴き取れない。

「レッスンでネイティブの先生から聴く英語」や「リスニング教材で聴く英語」と違う。
さらには、聴けないから話を返すこともできず、
本場で現地の人と英語で話せるのを楽しみにして来たのに
何も理解できず会話にならない。

「今までの5年、10年は一体何だったんだろう・・・」

これは本当によくあります。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。それは、

日本人が理解しやすい「日本人用の英語」
を積み上げてきた場合

に、このようなことが起こります。

「ティーチャー(ズ)・トーク」という言葉があります。それは例えば、

ネイティブの先生が英語を学ぶ日本人の生徒にゆっくりはっきりわかりやすい英語で話す

というもので、意識的にそうする場合と、日本人のたどたどしく話す英語に「同調の効果」が働き、無意識的にそうなる場合があります。

これはリスニング教材でも結果的に似たような現象があり、それは例えば、

「初級用・中級用」など音声教材のレベル分けがされている時点で、理解しやすい発音・内容になっていたり、
レベル分けがされていなくても「日本」から出されている時点でわかり易い仕様になっていたり、
「海外」のものでも「音声教材」として出されている時点で「スピードも適度・発音もはっきり」
ということがよくあります。

いずれにしても、これらのような

「日本人にとってわかりやすい英語」を「スタンダードの英語」だと思い込み勉強を続けると
実際の場面で何一つ聴き取れず何一つ話せず、自信や英語に対する意欲を失ってしまう

ということがよくあります。
実際に私自身も20歳の頃、全くのゼロの状態から英会話を始めた時もこれと全く同じ状態でした。

だからこそ、こちらのレッスンでは全て「日本人用の英語」ではなく

普通のアメリカ人が普通の生活の中で普通に話す英語

というのを基準に内容を提供しています。

例えばこちらのレッスンでは、基本的にまず最初に「発音」を徹底的に強化するのですが、それはもちろん

「日本人の割に発音が上手ですね」というレベルではなく

「え?日本人だったの?」と間違われ驚かれるレベル

を基準にしています。

また、例えば「文法」も「試験のための文法」のような

線を引っ張って丸で囲んで行ったり来たりしながら考える文法
何十問も練習問題を解いてできるように叩き込む文法
ではなく

ネイティブのようにニュアンスや使い方が理解できる文法
試験はもちろん会話でも使える文法

を基準に提供しています。

確かに、以前、海外で「現地の人の英語が聴き取れない・自分の英語が通じない」と言うような経験をされたのであれば、自信をなくしてしまわれるのも無理もありません。

でも、会話の上達・習得は

現地で通用する基準と方法

があれば今からでも全く問題なく可能です。

せっかくそこまで英会話の習得に向け継続・努力をされたのであれば、是非「新たな基準と方法」により、
今度こそ海外旅行で英会話を楽しんでいただければと思います。

まとめ

● 「日本人用の英語」だと現地では通じないことが非常によくある
● 「ネイティブの人が普通の生活の中で普通に話す英語」を身につける
● 「適切な基準と方法」により、いつからでも本場で実際に使える英会話力は身につく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次