英語だと何気に知らない英単語・表現:揚げ足を取る

「英語 = 勉強」になると「『勉強英語の単語・表現』はたくさん知っていても『生活に近い単語・表現』になれればなるほどわからない」ということがよくあります。

しかし、それではスムーズな英会話は難しくなってしまいます。

こちらでは「日本語だったら誰でも知っていてみんな普通に使っている、人にとっての盲点の英単語・表現」をご紹介しています!

揚げ足を取る

このような「一般的に教育的ではない・ネガティブな単語や表現」はあまり教科書や教材では紹介されませんが、もちろん日本語であれば幼稚園生でも知っているような言葉。さらには、いいか悪いかは別として日常生活でもとてもよく出てくる言葉です。
ということで、これを機にこのような単語・表現も確認しておきましょう。

このようなネガティブな単語・表現を紹介していると、「生活の中で実は結構、底意地の悪いことって多いなあ〜」と感じてしまいます。

でもやっぱり「そういうのも含めてのコミュニケーション」ですし、また「揚げ足を取らないように相手に注意する」こともできるので、やっぱりこのような単語・表現もおさえておきましょう。

さて、この「揚げ足を取る」を英語で言うと

nitpick

ん?「何かをpick:つまむ」ってこと?

ちなみに

nit → シラミの卵

それぐらい小さなものを取るからnitpickらしい。

なるほど。表現は違うけど方向性は何か日本語と同じ。

この「揚げ足を取る」もいきなり

英語で何て言う?

って聞かれてもまず出てこないと思います。

こういう英語はズバリ

知ってるか知らないか

事前に知っていたら何てことはないので

こういう単語・表現はサッサと仕入れておきましょう!

発音はどうなるでしょうか?
(動画で確認 → )

例文はコチラ!

揚げ足を取るな!
Don’t nitpicking!

あの人、やたら人の揚げ足ばっかり取るよね〜。性格悪っ!
He/ She’s always picking on others for no reason. What a bad attitude!

センテンスは一字一句覚える必要はまったくありません!

大切なのは、普通に話している時にこういう「何気に知らない盲点のような単語や表現」がサッと出てくること。

実際に使える英語には

単語・表現 + “発音”

「日本語で普通に言える言葉」は英語でもさりげなく言えるようにしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次