一回で聴ける英語のリスニング

一回で聴ける英語のリスニング

目次

リスニング力は以前より上がったとは思うんですけど、まだ「一回だけで全部聴きとる」となると難しくて、
「聴けなかったところ」「理解が難しかったところ」を何度か聴き返しながら考えたりしているんですけど、
一回で聴けるようになるにはどうすればいいでしょうか?

「リスニングが苦手・聴き取れない」というのは日本人には非常によくある大きな悩みかと思います。

実は、個人的にもリスニングは大の苦手でした。だからリスニングができるように全神経を集中して何度も音源を繰り返し聴き直して聴いていたのですが、やっぱり聴けるようにはなりませんでした。

そこで思いました。

リスニングが苦手・聴けないのに何度も聴くというのは効果がないのではないだろうか。
それよりも「聴けない原因」を解決した方が一気に聴けるようになるのではないだろうか。

原因がわかってからはリスニングのリピート再生は一切やめ、ひたすら原因の解決に取り組みました。

解決後、改めて以前どうしても聴けなかったリスニングの音源を聴いてみたところ、何度聴いても聴き取れなかったのがウソのように、むしろハッキリ発音されているように聴き取ることができるようになりました。
しかも、内容を理解しようとしなくても音が入ってきた時点で内容が自然に浮かんでいるような状態になり、非常に驚きました。

では、自分も含め日本人の多くがリスニングが苦手・聴き取れない大きな2つの原因とはどういうものなのでしょうか。

リスニングができない原因

原因-1. 英語の細かい・速い・小さい音が聴き取れない

これが日本人が英語のリスニングができずに悩む大きな原因の一つかと思います。これは「音そのもの」が聴き取れないわけではなく、実は脳が「英語の細かい・速い・小さい音」を認識できていないのです。

どういうことかというと、例えば

not at all → ナ〜レロゥ〜

のように発音されたりしますが、そのような発音を事前に知らないと「ナ〜レロゥ〜」→ not at allとして認識できない。だから、

事前に聴いたり練習したことがない発音
想定外の発音
突然耳に飛び込んできた発音

脳が認識できないわけです。

原因-2. 英語自体は聴き取れるものの「内容の理解」が追いつかない

これはもうリスニングの問題ではありません。

情報処理の速さ

の問題です。

ですからこの場合は、リスニングを何度聴いたところで解決は望めません

「それでもわかるようになるまで繰り返し聴く」という根性論もありますが、それはたまたまその方法が合っていた一握りにも満たない人にしか有効ではなく、万人に有効な方法ではありません。

この問題の場合、端的に

情報処理を速くする

ということをすればいいだけです。そうすればリスニングは自ずと聴いた時点で内容が浮かぶようになります。

このように、「リスニングができない原因」はさらに上記の2つに大別することができます。

ということは、この2つのどちらか、或いは両方が解決すれば、論理的・具体的にリスニングができるよう攻略していくことができます。
では、それぞれの解決法について考えていきましょう。

原因を解決し英語が聴き取れるようになる方法

方法-1.

「英語の細かい・速い・小さい音」だけでなく「英語の全ての音」がどのようなメカニズムで発音されるのかという

発音の法則

をしっかり理解していきます。

先程の「not at all」を例に考えると、リピート練習をしてお手本と同じような発音ができても、

なぜそういう発音になるのか

がわからなければ、残念ながらそれは「完成品の音をコピーしただけ」の状態であり、

そのフレーズしかわからない
練習しなければわからない

という状態になってしまいます。
しかしそれではリスニングができるようにはなりません。

リスニングで大切なのは

初めて聴いたものでも瞬時に理解できる

ということです。

単語・フレーズ・文の聴き取れなかったところを何度もリピート再生して明らかにするリスニングでは、あまりに果てしない作業で、それではリスニングを一生し続けなければならないかもしれません。

そうではなく、できるだけ早くリスニング力を上げて実際の会話や試験にどんどん役立てていかなくてはなりません。

それには、まず英語にある「発音の法則」を全て理解し落とし込むことで、初めて聴くものでもリスニングができるようになっていきます。

方法-2.

「情報処理の速さ」の問題を解決するには次の2つ

訳さない
英語を出てきた順から理解する

ということが不可欠です。

私たちは日本の英語の授業で「訳す」ということを前提に英語を理解してきました。
しかしご存知のように英語と日本語の語順は「真逆」と言っていいほど語順が違います。この「真逆なほど語順が違う英語」を日本語に訳して理解していくためには、おのずと「英語の返り読み」をしなければならなくなります。

しかし、リスニングは当然「英語の語順」で出てきます。
しかも、「日本語訳」をしている隙などないぐらいの速さでどんどん次へと音が進んでいきます。

これでは理解が追いつかない・情報処理が追いつかないのは当たり前です。

ですから、まずは英語に触れる時はどんな時でも「訳さず、出てきた順から英語を理解する」というのを習慣にしていくことにより、「情報処理の速さ」が変わっていきます。

また、この習慣が定着すればするほど、「情報処理」は「ただ速いだけ」でなく「瞬時・無意識」になります。

そうすれば、聴こうと集中しなくても

いつのまにか耳に入ってきた英語が自然に理解できている状態

になります。

以上、一般的には「リスニングができなければたくさんリスニングをする」という方法ではないような方法が主流です。
しかし、「リスニングができないのにリスニングをする」というのは負担は大きい割に効果は全くの未知数です。

実際には

リスニングができないのは
リスニング以外のところに原因があるのがほとんど
です

是非、原因を解決しリスニング力を一気に上げた後、改めて「以前どうしても聴き取ることができなかった音源」を聴いてみてください。

きっと、

ハッキリと英語の発音を聴き取ることができ
内容もいつのまにか浮かんでいる

のに驚くと思います。

まとめ

● 「英語の細かい・速い・小さい音が聴き取れないとき」は「発音の法則」を理解する
● 「内容の理解」が追いつかないとき」は「訳さず英語の語順で理解」し情報処理速度を上げる
● 「リスニングができない原因とその解決法」はリスニング以外のところにあることがほとんど

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次