ビジネスに必須!3大スキル・アプローチ術を習得するビジネス英語コース

実践ビジネス英語
には
3大スキル
&
アプローチ術

● 事前に準備したこと以外
話せない
● 英語になると想定外の質問に対する的確な回答が浮かばない
● 商談・プレゼンでは資料やスクリプトを読むだけになる

本コースでは、
商談・会議・プレゼンな
一般的なビジネス英語だけでなく
どんな即興の英語や

ビジネスの本題以外の話にも
対応できる
アドリブ英語も習得していきます

ビジネス英語
スキル

商談・会議・プレゼンなど

アカデミック英語
スキル

資料・文書の読み込み・まとめ

コミュニケーション
スキル

距離を縮める会話

FSDの
実際に使えるビジネス英語コースでは
この3大スキルを

徹底的に強化・定着させていきます

ビジネス英語スキル

商談・会議・プレゼンは一見、難しく思われがちですが、
「定型の流れ」「商品・サービスについての共通理解」もあるので、
ポイントさえ抑えれば実はそこまで難しいものではありません。

まずは「英語での解説・提案・説得」のポイント」をしっかり理解していきましょう。

アカデミック英語スキル

資料をまとめている様子

資料を一字一句訳して読んでいては膨大な時間がかかってしまい、
実際のビジネスでは使えません。

ビジネスでは必要な情報を短時間で
的確に取り、
さらには説明・提案をするアウトプット力も必要です。

現在の英語の基礎力にこのアカデミック英語スキルを加え、

実際に使えるビジネス英語力を身につけていきましょう。

コミュニケーションスキル

実際のビジネスでは
「本題を話すだけ」の商談はほとんどありません。

・本題を切り出す前の挨拶・余談
・休憩時間などにテンションも緩めるリラックスした会話
・本題が終わった後の親睦を深める会話

なども、実は「本題よりも大切」と言っても過言ではない程
実際のビジネスには非常に大きな要素です。

是非、本題以外のどんな会話にも対応でできるアドリブ英語力を身につけていきましょう。

米欧と日本では
ビジネスアプローチは異なります
英語ができてもビジネスアプローチが日本スタイルのままでは
実際のビジネスは円滑に進みません

大切なのは
積極的な姿勢・堂々とした態度

是非
一般的なビジネス英語
にとどまらず
実際に使えるビジネス英語力
を身につけ
あらゆる状況にも対応できるように

なっていきましょう

1.
FSDオリジナルの法則

総合英語力

2.
超実践的アプローチ

実践力

黒いヘッドフォンと再生機器の画像

STEP-1
発音

アルファベットのブロックを並べた画像

STEP-2
文構造

紳士的に右手を差し出すビジネスマン

STEP-3
スピーキング

法人研修コースをご検討の方はこちら →

英語が話せるようになるための
方法がわかる
体験セミナーにご参加ください

「FSDオリジナルの法則とは
どのようなものか」を
プラクティスもしながら

ご理解いただける
オンラインセミナーです

「これなら自分でも英会話力が
身につきそうな気がする」
と目から鱗の法則を

ご体感ください