英語だと何気に知らない英単語・表現: 運動神経がいい

「英語 = 勉強」になると「『勉強英語の単語・表現』はたくさん知っていても『生活に近い単語・表現』になれればなるほどわからない」ということがよくあります。

しかし、それではスムーズな英会話は難しくなってしまいます。

こちらでは「日本語だったら誰でも知っていてみんな普通に使っている、人にとっての盲点の英単語・表現」をご紹介しています!

運動神経がいい

「スポーツができる」だったら「good at sports」

で、もしかしたら日本人でも出てきそうな気がします。

でも、

「スポーツができる」のと「運動神経がいい」のはほぼ同じだけど
やっぱり「運動神経がいい」というのを英語で言いたい!

という場合、英語でどう言えばいいでしょうか。

この「運動神経がいい」は英語で言うと

athletic

ア、アスレチック!?

日本語的には

木にロープとかが張ってあって
そこを渡るような、あのアスレチック

が思わず浮かんでしまうかもしれません。

でも、英語的には、

運動系全般が「-tic」という語尾になることにより、「運動系の」

みたいな感じになるんでしょうかね!

ということで、この「athletic」は

日本語の「運動神経」みたいな「名詞」じゃなくて
「運動が得意」みたいに「形容詞」っぽく使う

としっくりくるのかもしれません。

ちなみに、冒頭の「good at sports」も普通に使えます。まあ、ほぼ同じですからね。

でもやっぱり「good at sports」は英語で出ても「athletic」は「運動神経がいい」という意味ではまず出ないですよね。

こういう英語はズバリ

知ってるか知らないか

事前に知っていたら何てことはないので

こういう単語・表現はサッサと仕入れておきましょう!

発音はどうなるでしょうか?
(動画で確認 → )

例文はコチラ!

◯◯はとっても運動神経が超いい!
He is very athletic!

生まれつき運動神経がいい人はいいよなあ〜
I’m jealous of people who are born with good athletic ability.

センテンスは一字一句覚える必要はまったくありません!

大切なのは、普通に話している時にこういう「何気に知らない盲点のような単語や表現」がサッと出てくること。

実際に使える英語には

単語・表現 + “発音”

「日本語で普通に言える言葉」は英語でもさりげなく言えるようにしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次